*All archives* |  *Admin*

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
大変な一日。 インフルエンザかも・・・
次は、いつもわがままをいう、おじいちゃんの登場。

うちのシステムでは、検査結果を患者さんにお渡しして、受診に行っていただくのですが、
このおじいちゃん、いつも届けてくれって云うのです。

いくら説明しても、毎回その押し問答が続くので、
最近は、よほど忙しくなければ、相方か私が届ける事にしてたのです。

でも、今日は私一人だし、受付の患者さんはひっきりなしに来られるわ、
検査結果のお渡しはどんどん、積まれていくわ、
外来や病棟からの電話はかかるわ、私はてんてこ舞いでした。

そんな中、案の定、技師とちょっとしたトラブル発生。
診察券を受付の人に渡したといって、聞かないんです。
受付では、診察券はお預かりしないようになってる事を説明しても、
あの人(つまり、私のこと)に渡したって、繰り返すだけで、
かばんやポケットを探してもくれません。

いつも、こうなのよね。 で、結局ポケットから出てくるんだよね・・・

こんなときは、技師では対処できません。
私の出番です。

とにかく、おじいちゃんの訴えを辛抱強く、ぜ~んぶ聞いて、
うんうんと相槌を打って・・・

その上で、状況説明を事細かに、ゆーーっくりと繰り返します。
一文節毎に、確認を取って、進みます。
で、「ひょっとして、ポケットに入ってるかもしれないんで、ちょっと見てもらってもいいですか」

おじいちゃんは、しぶしぶ「入ってないと思うで、さっきも見たんや・・・あった。」

やっぱり。いつもこうなんだから・・・


でも、そんなことはおくびにも出さず、ニッコリ笑って、
「あ~良かった。見ていただいてありがとうございます」というと、
気分良く、「わしも悪かった、すんません」と受診に向かわれました。

そんなこんなをしてると、やっと相方、到着。
やっと、トイレに行ける・・・・

ホッとしたのもつかの間。 私の身体の異変に気付きました。

なんか、熱い・・・ 体中が燃えるように熱いのです。
寒気はなく、顔がかあ~~~~っとします。
のども痛いし。関節も痛いような気がするし・・・

たぶん。きっと。間違いなく、コレはインフルエンザ!

一大事です。職場の人たちにうつしては、大変な事になります。
まして、窓口に来られる患者さんにうつしては・・・
急いでマスクをキッチリつけて、様子を見ましたが、
熱っぽさはひどくなるばかり。

家では、トノさまも、今頃、ウンウン云ってるかも・・・

というわけで、早退してきました。
スポンサーサイト

[テーマ] : (o´Д`)ハァ。。--- [ジャンル] : 日記

今日は、さんざん・・・
水曜日から、姉娘が部屋にこもってます・・・

ずーっと寝てるみたい。ご飯も食べません。
どこが悪いのか。どう悪いのか。 全く判りません。

たま~~~~に、部屋からでて、トイレに行くとき、
捕まえて聞いても、「判らん・・・」の一点張り。

処置なし。


いつもの引きこもりなら、そっとしておくしかないけど。

親としては、どうしていいのやら・・・ 悩みは深まるばかりです。


一方、トノさまは、水曜から期末試験なのです。

中間テストが、自分でもビックリするほど、できなかったので、
さすがに今回は、ちょっとやる気をみせ・・・

机に向かってる姿もちらほら、見ました。
水曜、木曜、頑張ってる様子でした。


しかし。 今日は、起きてきません。
起こしても、「う~~~ん・・・」って感じ。
顔が赤いので、額を触ると、すっごく熱いし

こりゃ、インフルエンザかも・・・
ともかく、起こして、お水を飲ませて、どんな感じか聞くと、

頭が痛い、指の関節が痛い、熱っぽくてしんどい。

ああ、完璧にインフルエンザ。 どこでもらってきたのか。


でも、母はとにかく仕事に行かねばなりません。
いつもだったら休むんだけど・・・

今日は、なんとなくいや~な予感がして、行く気になりましたね。


幸か不幸か、職場の相方も世帯主で、老いた両親を抱えています。
しかも、母上は身体が不自由であられます。
老老介護は、大変です。とーちゃんも、毎日の介護で疲れが見える模様で・・・

そんなこんなで、時々休んだり遅れたりしながら、頑張ってはります。

で、今日もそんな関係のいやな予感がしたので、ともかく出勤したのです。


予感は、見事!的中・・・

遅れてくるってメールが来ました。 良かった、出勤して。

金曜は、ここんとこ、かなり忙しい日になってきてます。
朝から、患者様がたくさん来られて、瞬く間に、30分待ち、40分待ち・・

こんなときは、大変な事が続きます。

ややこしい患者さんが来てます。
厳密には、患者さんの家族さんなんですが。

とにかく、ご機嫌が悪いときには、目が合っただけで怒鳴られます
「何、人の顔、見とんねん グォラァアアァァァ」って。

今日もすこぶる、ご機嫌ナナメ。
「まだかい! はよ、せんかい」  


しかし。 他の方たちも、順番に並んでお待ちいただいてますから、
怒鳴られても、特別扱いはできません。
増して、患者さんはいたって元気。 痛がってる様子もみられませんから。
ここは、理不尽な要求には、応じませんよ。

何とか、事なきをえて、丁重に受診に行って頂きました。



まだまだ、大変が続きます。           続く・・・・



[テーマ] : (o´Д`)ハァ。。--- [ジャンル] : 日記

城崎温泉旅行記~その26 他にもオブジェが・・・
ホンマに、いたるところにあるんだよね~。

夕食を頂いたお部屋、「ギャラリー麗仙」にも、さりげなくあります。

麗仙


判りますか? 壁に瓦を埋め込んで、棚板にしてあるんです。

最初、何かよく判らなかったので、食事が終わってから、
近くまで行って、よ~く見たんですよ。

大きい写真では、よく判らないかもしれませんね。
一番上には、ちょっとした花活けが置いてあります。
一番下には、これが・・・

炭のオブジェ

どうです? 心遣いを感じますよね
千代紙の鶴が、いい感じです。


廊下もいい感じですよ♪ ほら。


廊下

館内は、全てじゅうたん張り。 素足でも冷たくないようにしてあります。
上がったり降りたりと、迷路のようになっていて、
方向音痴の私は、最後まで迷ってばかりでした・・・

私たちのお部屋の目印は、これ。

廊下の花

廊下のちょっとしたスペースにも、お花がきれいに活けてあります。
和みますねぇ~♪ 

ここを上がれば、私たちオンナ二人のお部屋、「風ごころ」です。
良かった、たどり着けた・・・

[テーマ] : 温泉旅行--- [ジャンル] : 旅行

城崎温泉旅行記~その25 館内のステキなもの
ちょっと寒くなってきたので、そぞろ歩きを切り上げて、
但馬屋さんに帰って来ました。

番頭さんが「お帰りなさい」と、出迎えてくださいます。 
温かいですね♪ とても、居心地が良くて、ホッとします。

さて、但馬屋さんの館内には、いたるところに女将さんの気配りが・・・

玄関前の、つくばいに始まり。

入って、フロントの向かい側にこんなステキな灯りがあります。

灯り

このお部屋は、ちょっとしたギャラリーのようになっていて、
但馬屋さんのHPでも紹介されている、オブジェなどが飾られています。

そんな片隅に、ひっそりと、この灯りがありました。
温かくて、なごむなぁ 



その反対側には、こんなコーナーが・・・

お酒

香住鶴が、おいてありました。

実は、自分のお土産に地酒を買おうかと思ったのですが、
いーッぱいおみやげを買ったので、もう持てないし・・・
泣く泣く、諦めました。


おや? これはなんだろ・・・?

炭かまど

暗くて、よく判らなかったんですが。

どうやら、かまど風の炭のオブジェみたいです。
この炭は、除湿・消臭効果に優れているんですってね。
お水に入れておくと、まろやかな美味しいお水になるそうです。
ご飯を炊くときも、入れておくと、一段美味しくなるそうです。

おみやげ物が並んだ棚にも、炭が置いてありました。
断面が、菊の花のようになってて、すごくキレイでした。
但馬屋さんは、館内いたるところに、炭のオブジェがあるので、
どこも、いやな臭いが全くしません。

旅館等の部屋に入ると、なんか独特のにおいがしますよね?
すぐに気にならなくなっちゃうけど、一瞬においが気になりませんか?

そんなにおいが、全くないのです、但馬屋さんは・・・
これは、炭の消臭効果じゃないかって、思いました。



●女将さんの心づくしが嬉しい♪
          ⇒⇒⇒温泉旅館温泉旅館 但馬屋予約 大事な人と水入らずで、のんびりほっこり したいよね

  




[テーマ] : 温泉♪--- [ジャンル] : 旅行

城崎温泉旅行記~その24 夕食の後は・・・
ふぅ~~~、おなかいっぱい♪ 

城崎の美味しさを、堪能しました。 ああ、幸せ


お次は、腹ごなしのお散歩ですね。
夜の城崎を、楽しみに出かけました。

城崎の温泉街は、メインストリートがにぎやかです。
浴衣を着た人たちが、あちこちの店先を冷やかしながら、
そぞろ歩きを楽しんでいます。

昔懐かしい、スマートボールもできるんですよ。

私は、職場や友人達へのおみやげを買いに、土産物屋さんをはしご。
日頃、皆からおみやげを頂いても、出不精の私はどこへも行かず。
こんなときこそ、日頃のお返しをせねば! と、
一人一人に似つかわしいものをと考えて、選ぶのに時間がかかりました。

皆は、スマートボールを楽しんでいたようです。

その後、合流して、昼間のぞいた木屋町小路へ行きました。
あちこちのぞいてみて、一番気になった、城崎ビネガーさんに入りました。

城崎ビネガー

最近できたばかりで、きれいなお店です。
5種類のお酢のドリンクが楽しめます。

外湯に入って、乾いた身体に一杯。 健康的ですね♪

なんと、全種類試飲できるので、あつかましくも、ぜ~んぶ試してみました。

黒酢&完熟パイン
レモン&りんご
マンゴー&トマト
苺&海コラーゲン
トマト&オレンジ  計5種類

どれも、甘くて濃厚な美味しさです。

お酢の好きな友人には、黒酢が好きと聞いていたので、
黒酢&完熟パイン をチョイス。 喜んでくれるかな?

私的には、一番好きな味は、トマト&オレンジでした。
オレンジの酸味が、爽やかでたまらな~い

自宅用には、自分でフルーツビネガーを作ってみようと、
マイビネガー という、お酢を買いました。1リットル入り980円也。

炭酸で割ったり、焼酎で割ったりしてもおいしいって、お店の人が云ってました。


次に行ったのは、これも昼間気になってたお店。

生萬

温泉玉子とプリンのお店です。 あ、プディング って云うみたいです。

あま~いカラメルと、バニラのいい香りがしてます。

自慢のプディングを、賞味しますよ。 これ。

プディング

う~ん、美味しそう 玉子が濃厚で、しっかりした味でした。
上にかかっているカラメルソースは、いかにも手作りって感じ。
ちょい、薄かったかなぁ。 プリンが濃厚だから、ちょうどいいのかも。


もう、自家製ビネガーなくなっちゃった・・ 買いに行きたいな。 ⇒⇒⇒城崎温泉 但馬屋旅館 



[テーマ] : 温泉旅行--- [ジャンル] : 旅行

・・・4日ぶりです。
風邪で寝込んでいたわけじゃありません。

それどころか、金曜の夜からずーーーーーっと、あることに集中してました。
毎日、明け方まで。

3連休ですから、翌日も休みだと思えば、夜も目が冴えています。
どうせ、簡単には眠れないし。

と思って、眠くなるまで・・・と思っていると、ドンドン時間が過ぎていきます。
お肌にとってのゴールデンタイム、夜10時~翌2時は、一番集中できますね。
おかげで、お肌はボロボロです・・・ 目の下には、立派なクマさんが居座っています。

翌朝は休みなので、ゆっくりといつもより朝寝坊です。
10時くらいに起きて、ちょっと家事をしてから、メールチェックして。
またもや、あることに熱中始めます。

あること。 気になりますか?




云わない・・・・

そのときだけでも忘れるために、気を紛らわすために始めたことなんですが、
見事にハマって、ホンマに集中してしまってます。その時間だけはね。


でも、これで結果が伴なってきたら、嬉しいなぁ。
それこそ、始めた狙いでもあるんだけど。

思い続けていれば、いつか 夢は叶う・・・ はずだよね。
このままじゃ終われない。
自分が納得できる結果を手に入れるまでは、頑張るつもり。
後、3ヶ月で一年になるの。

右も左もわからなかったのに、今ではどうにかこうにかできるようになれた。
面白くもなってきた。 それが、嬉しい。


「思考は現実化する」 って本を買いました。

さて、年末までにもう少し結果が出るように、もっと頑張ろう。





おっと!今日のピカイチを忘れるトコでした。

昨日は、うちのトノさまとお姉ちゃんが、二人で洋服を買いに行きました。
我が家の御用達ブランドは、「しまむら」です。

大阪には、しまむら なかなかなくて、昨日も茨木まで行ったんです。
我が家から、自転車で出て、茨木まで行き、バスで行ってきたそうです。

母は、ものすごい方向音痴なので、アテにならないと、
姉が調べていきましたと。


「しまむら に着いたら連絡してね」って云ってたのに、
待てど暮らせど、連絡はなく、2時間経過・・・・

もしや、自転車でケガでもしたのか。迷ってるのか・・・
なんて、心配したのですが、
姉の携帯に、メールしたら・・・・・

「もう、とっくに着いて、今試着してるよ~」なんて返事が。


もう!


心配するでしょ! オバカ


で、どうせ、とっかえひっかえ試着して、遅くなるんだと思ってたら、
暗くなる前に、騒がしく帰って来ました。

ちっ。もう少し、静寂を楽しみたかったな・・・


帰るやいなや、店開きです。

「見てっ、見て!可愛いやろ♪メッチャ安かってんで

まるで、大阪のオバちゃんそのもの。 しっかり、予備軍ですね。



でも、さすが、トノさま。 安く買ってきましたよ!

姉は、2点セットを3つ。 トノさまは、5点お買い上げで、
二人で1万円を切ってました。 お見事


やっぱり、我が家は しまむら でお買い物が楽しいみたい・・・

[テーマ] : 日々のつれづれ--- [ジャンル] : 日記

なんだか、ぞくぞくする・・・
なんだか、急に秋を飛び越して、冬になりましたね。

いきなり、すごーく寒くなって、身体がついてけない・・・

あわてて、温かいジャケットやセーターを引っ張り出しました。


昨日は、仕事を休んで、妹の受診に付き添い、神戸まで行ってきました。

港から吹く風に、思わず首をすくめるほど、寒かった~!

暑いのも大ッキライだけど、寒いのも厳しいよね。


妹と、ランチして、いろいろ話しました。いい気晴らしですワ。
やっぱ、姉妹っていいなと思います。

うちの娘たちも、今は寄ると触るとケンカばっかだけど、
大きくなったら、同じように思うんでしょうね。


今回は、結構時間がかかって、2人のドクターとの面談を終えて、
病院を出る頃には、もう薄暗くなってました。

帰り道、中華街におみやげを買いに立ち寄って。

陽が翳ると一段と、寒かった


そのせいでもないけど、今日はなんだか熱っぽいみたい・・・
身体がぞくぞくします。

もしや、職場の奴らの風邪菌がうつっていたのか・・・?

皆でうつしあいしてて、あっちが治ったと思えば、コッチがダウンってな感じです。


そんな中、私はかやの外にいたのに。
とうとう、やってきたのか・・・


いやいや! 風邪なんて引いてるばあいじゃないのよ、わたし。

しなきゃいけないこと、山積みで、寝込んでる時間なんてないし


というわけで、今日は、もう寝よ・・・ 
さっきより、ゾクゾクするよ。 鳥肌、いっぱい・・・・


もしかして、日記が中断したら、寝込んでると思ってください。


でも・・・ 風邪菌なんかに、負けないもん!

[テーマ] : ひとりごと--- [ジャンル] : 日記

奥華子 「笑って笑って」


昨日、「誰も知らない泣ける歌」に出ていました。

ほんま、泣ける・・・

聞いてみてください。

[テーマ] : 心に沁みる曲--- [ジャンル] : 音楽

城崎温泉旅行記~その23 夕食ガイド、最後の巻
今日で、夕食ガイドは、終わります。

では、さっそく・・・  9品目から。

但馬牛

本日のメインディッシュ、但馬牛の溶岩石焼きです。

溶岩でできたプレートを熱して、但馬牛とエリンギ・ニンジンを乗せて、焼きます。火力が強いのか、すぐに焼けました。
しお・ポン酢・わさびじょうゆから、好きな味で食します。

3つとも、試してみましたが、私は、しおがピカイチでした。
なんせ、但馬牛が箸で千切れるほど柔らかくて、ジューシーなお肉でした♪


お次は、シメのご飯セットの登場です。

ご飯

このツヤツヤご飯は、今年の新米なのです。
仲居さんが、「めっちゃ、美味しいから、たくさん食べてな~」と声かけてくれました。
思わず、自分でこっそりお代わりしに行ったら、バレちゃいました。
照れ隠しに、皆のお代わりも、聞いてまわりました

お吸い物には、結び湯葉とジュンサイが入ってるの、わかりますか?
香の物でサッパリと、2杯目のご飯もおなかに収まりました。
あ~、おなかいっぱい  余は満足じゃ


但馬の新米は、本気でオイシかったです。



おなかはもう、いっぱいいっぱいで、これ以上は無理・・・

のはず。 だったのに。 これは別腹なのです。

ムース

ムフフ・・・ やっぱり、デザートはおいしいよね

ちょっと、写真映りが悪くて、よく見えないのですが、
多分、2層に分かれていたような気がします・・・
酔っ払ってたもので・・・ ^^;


抹茶の、ほろ苦さがたまらなく、美味しくいただきましたね。
後味サッパリのムースで、一同、大満足の顔でした。

以上で、豪華版、但馬屋さんのディナー、ご紹介は終了です。


秋の紅葉会席のお料理でした。 桜の季節は、どんなものが味わえるのかな?
できれば、プライベートで来たいなぁ。

 

私のイチオシ!城崎温泉・但馬屋。絶品のお料理と地酒、いかが?
      ⇒⇒⇒城崎温泉 但馬屋旅館 予約が取りにくいみたいです。特に週末は・・・

[テーマ] : 温泉♪--- [ジャンル] : 旅行

城崎温泉旅行記~その22 夕食ガイド 続きを
今日は、7品目からですね。 行ってみよ~!

なすの蒸し物

とてもキレイな器に入ったこれは・・・?

この頃には、もう酔いも回って来ていて、宴もたけなわ。

ナスに、山芋のとろろがかかって、蒸しあげたものだと思います。
お料理の名前は不明・・ ^^;

でも、結構、しっかりしたお味でした。


ココで、この夕食のお供を務める、相棒をご紹介しましょうか。
これです。

日本酒

本日の日本酒、但馬の地酒です。イイですよね~♪ 大好きです。

多壽満耶廊 は 「たじまやろう」 と読みます。

但馬屋さんからの差し入れに、いただきました。
太っ腹な美人女将です。 


この多壽満耶廊なんですが、但馬・地酒の名品「香住鶴」のなかから、一番ふさわしいお酒を季節ごとに選び、但馬屋さんオリジナルの瓶に詰めたものなんですって。
地元だからこその、出来立てのお酒で、新鮮且つ美味!芳香に酔っちゃいます。
蔵出しのお酒を、思いっきり楽しめますよね。

春は、やや辛口:山廃純米生酒「村岡杜氏の郷」  
夏は、やや甘口;山廃仕込本生              
秋は、甘口:特別本醸造ひやおろし        
冬は、甘口:しぼりたて生酒無ろ過        

という具合に、どの季節に行っても、違うお酒が楽しめるようになってます。
これには、驚きましたね。 こんなの、初めて知りました。

え? 美味しかったかって?  そりゃあもう♪


本日のトリを飾るのは・・・

コロッケ

次々に、お料理が出てきて、 だんだんと、おなかも満腹になってきました。

ですが。

この、ほうれん草のコロッケ、ホンマ絶品です! この美味しさは感動モノだー♪

中は、ほうれん草をマッシュしてペーストみたいになってます。
なんともいえない甘みのあるほうれん草の、衣は何だろう?
ケチャップの酸味と共に、お口いっぱいに広がります。
つい、微笑みが出てしまいます。 ああ、し・あ・わ・せ

とにかく、初体験のあじわいでしたね。 も一回、食べたい・・・


てな訳で、今夜もこの辺で・・・


この絶品!ほうれん草コロッケを、味わってみてください! ⇒⇒⇒城崎温泉 但馬屋旅館 へGO!

[テーマ] : 温泉旅行--- [ジャンル] : 旅行

城崎温泉旅行記~その21 夕食のご紹介 続き
昨日は、「鴨のサラダ仕立て」まで、ご紹介しましたね。

では、続きを行きましょう。

4品目は、お造り。

お造り

お造りは、3種盛り。 かんぱち・甘エビ・イカのいくら乗せでした。
中でも、かんぱちはプリップリで、脂がノっていて最高でした。

見た目も、すっごくきれいで、食欲がそそられますよね♪

残念な事に、私はいくらが食べられないので、同室の彼女に食べてもらいました。
残したら、もったいないですから。


5品目は、白身魚のキャロットソース?

白身魚のキャロットソース

正直にカミングアウトします・・・

この白身魚の下のクリーム色のソース、何の味か、わかりませんでした
私、味オンチなのかなぁ。 自信なくしちゃう・・・

キャロットではないような気もします。味は濃厚なクリームの何か混ぜた感じ。
誤解を恐れずに云うと、カルボナーラのあっさりしたような・・・・

ゴメンなさいっ、 但馬屋さんの板さん。 でも、このソース。
フランスパンですくって食べたいくらい、後を引く美味しさでした。


気を取り直して、6品目を。

生春巻き

どうです?これも美味しそうでしょ♪

サーモンロールと、うなぎロールです。
横にある小さな器のソースをつけて食べるんですが、
何かよく判らなかった・・・でも、美味しくいただきました。

我が家でも、たまに生春巻きは作りますが、
中の具材は、きゅーり・ニンジンのせん切り、鶏の酒蒸し、しそ、サニーレタスなどを巻いて、
スイートチリで食べます。
娘たちは、ゴマドレッシングで食べるのがお気に入りです。


本日のご紹介は、これまで。明日をご期待くださいね~♪




●板さんの手の込んだお料理が嬉しい♪⇒⇒⇒温泉旅館温泉旅館 但馬屋予約 大事な人と、二人っきりで食べたら、いっそうおいしいよね

  

[テーマ] : 温泉旅行--- [ジャンル] : 旅行

城崎温泉旅行記~その20 夕食♪待ってました。
さて、今回の城崎温泉旅行のお楽しみの中で、一番期待していた、
豪華なお夕食の時間です。

待ってましたね~♪ この時間を 

私たち、団体さんなので、お部屋ではなくて、
ダイニング&カフェ 麗仙という場所に集まりました。

すでに、テーブルいっぱいに並んだ、ゴチソウさん達♪

これです

夕食

いかがですか~? メッチャ美味しそうでしょ

どれも美味しかったです


では、ひとつずつ、ご紹介していきましょう。

まずは、八寸です。

但馬屋 八寸


たこわさや、海老の塩茹で、鶏肉のごぼう巻きなど5種と、豪華版でした。
どれも美味しかったけど、ごぼう巻きはしっかり味が付いていて、美味でした。


お次は、酢の物。

但馬屋 酢の物

柔らかいイカと、季節の野菜を使った和え物です。
まろやかな酸味で、これまた美味。
普段は、イカなんてあんまり食べないけど、こんなのも良いな。


次は、鴨のサラダ仕立て。

但馬屋:鴨のサラダ仕立て

これまた、絶品! 
真ん中に野菜をたっぷり置いて、周りにカモがあります。
ドレッシングが、いかにも手作りでなんともいい感じ♪


あんまり急いでは、もったいないので、ゆっくりご紹介することにします。
続きは、明日のお楽しみ・・・・




こんな心づくしのお料理が楽しめます。⇒⇒⇒城崎温泉 但馬屋旅館 街の散策でいろんなモノを食べちゃ、全部食べきれませんからね。

[テーマ] : 温泉♪--- [ジャンル] : 旅行

その2:どうした?トノさま!異変あり・・・
いよいよ、本題に入ります。

彼女の決心とは? どんな事をやらかしてきたのか?
母は、聞くのが恐ろしい・・・




「あんな、グループ、抜けてきてん」

へっ!? あんなに、独りになるのを怖がってたのに????


「もう、一緒に行動、せえへんからって云うて来た」

そう、一人ぼっちになったのか・・・


「でもな、 せいせいした!」


母、目がテンです・・・


「自分が独りになるの、怖いからって、私に意地悪するのは間違ってる」
「いつもいつも、私ばっかり無視して、いけずするンやったら、友達違うし」
「あんな子とは、もう一緒に居たくないから、離れるねん!」


およそ、いつものトノさまらしくない言葉が、続きます。

それを聞いて、母は嬉しさがこみ上げてきました。


その決心をするのに、何日かかったことか。
それほど怖かったのに、良くぞ自分で決心したね。

しかも、キッパリと自分の口から、宣言してきたんや。
どんなに怖かったことか・・・


母は、以前からよく、言い聞かせてました。

「そんな低レベルの意地悪する子とは、一緒にいてもらわなくてもいいよ」
「そんなにつらかったら、離れて独りでいるほうがいいよ」
「嫌がらせされても、付いて行くなんて、みじめったらしいことはしなさんな」
「キッパリと、それはイヤやからやめてって、言わないとわからないよ」
「自分を判ってくれる人と、仲良くした方がいいよ」

ですが、トノさまは、全く聞く耳持たず。

「お母さんは、昔の人やから、今の中学生がわからんねん」
「今は、時代が違うねん。そんなことしたら、ホンマに独りになるねん」
「一人になるンやったら、学校なんか絶対行かへん」
「お母さんは強いから、そんな事云えるねん」

ずーっと、逃げてきたんです。


でも。

今回のトノさまは、違っていたんですね。


母は、涙がこみ上げるほど、嬉しかった。

全く聞く耳持ってないと思ってたのに、ちゃんと母のアドバイス、聞いてたんやね。
あんなに怖がってたのに、強くなったんやね。


えらいぞ、トノさま!


母は、飛びついて、抱きしめて、ギュッとして・・・
ずーっと頭をなでてやりました。


いつの間にか、怖がりのトノさまも、成長してたんだね・・・

[テーマ] : ヽ(゚∀゚)ノいえ-い☆--- [ジャンル] : 日記

城崎温泉旅行記~その19 城崎の外湯は・・・
城崎温泉は、外湯めぐりが有名ですね。

これまでの写真でもお分かりのように、昭和初期のよき時代の風情の街並みに
点在して、7つの外湯があります。

城崎温泉にある旅館に泊まっている人は、チェックインしてからチェックアウトまでの間、
7つの外湯に何回でも入れるのです。

旅館のフロントには、外湯券がおいてありました。
それを持って、出かけるのです。

夕食まで、そんなに時間もないので、私たちオンナ二人は、
但馬屋さんに一番近い、「御所の湯」に行きました。

御所の湯


名前の由来は、後堀河天皇の姉君、安嘉門院が入湯されたことから、
「御所の湯」と名づけられたそうです。

私、ホントは、温泉って苦手・・・
人前で裸になるって、すごい抵抗があります。
子供の頃、銭湯に通ってたのですが、すごくイヤでしたね。
夏場は、銭湯に行かず、家で行水してました。

ですが。

せっかく、城崎に来てるんだから、是が非でも入らねば!
緊張して中に入りました。

玄関は、ご覧の通り、京都にあるような御所風ですね。
案外、込んでいました。
脱衣所は、人で溢れています。

ロッカーも、一番上と一番下しか空いてなくて、
真ん中を使ってはるので、近づけません。

少し待っていて、やっと空いたので、そこを使用。

恥ずかしいから、そそくさと脱いで、中に入ります。

中はすごく広くて、ガラス張り天井で、何とも開放感があるつくりです。
外の露天風呂も、広いのですが、人がたくさんいて、緊張しましたね。

でも、温泉に浸かってるのは、案外いい気分♪
日頃の疲れが溶けていくようです・・・ 

「はあ~♪」 思わず、ため息が漏れますね。

いたのは、15分くらいでしょうか。
早めに出て、身づくろいをし、なれない浴衣を着て、戻りました。


但馬屋さんに戻って、のんびりしてると、仲居さんが呼びに来てくれました。

お待ちかねの、夕食の時間です♪


●手の込んだお料理が美味しかった♪⇒⇒⇒温泉旅館温泉旅館 但馬屋予約

  

[テーマ] : 温泉旅行--- [ジャンル] : 旅行

どうした?トノさま! 異変あり・・・
昨日のことです。 母は、ぶったまげました・・・

火曜日は、いつもバドミントンを練習に行ってる トノさま。


いつもより、ちょっと遅く、午後8時20分過ぎに帰宅。

帰るなり、大きな声で一言。


「お母さん、ついに決心して行動したで!」


な、何を・・・? いったい、何をやらかしてきたんだ? キミは・・・・


恐る恐る、話を聞いてみると・・・。


うちのトノさま、案外こう見えて、外ではおとなしくて、
いじめられる事がおおくて。

最近も、以前から同じグループになってる子から、嫌がらせをされてたんです。

今、3人グループですが、昔は、トノと○○ちゃんとが仲良し組で、
今嫌がらせをしてくる××ちゃんが仲間はずれにされていたのを、
グループに誘って、3人組になったのです。

クラス全員から、口を利いてもらえないイジメを経験した、トノさまは、
一人ぼっちの子のつらさが、よ~く判るのです。

なので、××ちゃんをほっておけなかったようです。


最初は、彼女もとても喜んで、仲良くしていたのですが、
独りになるのを、よほど恐れているのか、
トノさまと○○ちゃんとが仲良くするのを阻止しようとするらしいのです。

移動するときも、「○○ちゃん、一緒に行こ♪」 トノさまは置いてけぼり。
ペアになるときも、「○○ちゃん、私と一緒にしよ♪」 トノさまは無視・・・

近頃は、敵意むき出しって感じだったそうです。
よく、グチをこぼしてました。

先々週の金曜は、そのうっぷんが溜まりに溜まって、ついに爆発!


いつも強気のトノさまが、母の膝にすがって、大泣き・・・

「もう、学校行くのイヤや~、また独りにされるー」って。


母は、背中をなでてやる事しかできませんでした・・・


しばらく、泣いていたトノさま、母に一言。

「やっぱり、お母さんも助けてくれへんねんや・・・・」 き、きびしい・・・


泣きつかれたのか、悄然としてベッドに潜って寝てしまいました。


それから、土・日。  部屋は散らかし放題!ワザと荒らしてるって感じ。
大音量で音楽をきいて、大声で歌う。 と思えば、寝てる・・・


大荒れの2日間を過ごしました。 母、黙って耐えました。


で、月曜日。   起きて来ない・・・

ある程度覚悟していた母、ここも黙って、出勤。   休んだ模様です。

火曜日。 まだ不貞寝・・・・  学校、行かず。

水曜日。 まだまだ不貞寝・・・・   当然、学校行かず。


午後、職場に、担任から電話が入りました。

事情を説明して、「テコでも動かないみたいなので、しばらく様子見しかありません」と、
伝えました。

先生は、「学校では、そんな様子は微塵もなく、楽しそうに友達と話してるように見えたんですけど」
と、おっしゃってました。

そう、うちのトノさま、2重人格なんですよね・・・・


外では、明るく陽気に活発な子を演じるのです。
嫌がらせされても、どうも感じてないようなそぶりを、必死でするのです。

だから、家に帰って、ストレスが爆発するんですね


ホントのトノさまは、傷つきやすくてデリケートなガラスのハートを持っています。
人にずけずけ言うのは、自分の心を守るため。
陽気なフリも、傷ついてるのを、人に知られたくないから・・・


母には、よく判っています。
だからこそ、じっと3日も学校に行かないのを黙認してたのです。

時間が経てば、自分から動き出すのも知っています。


ようやく時間が来たようで、木曜日、朝起きてきて、シャワーを浴び始めました。
コレで、一件落着。

何もなかったように、楽しげに学校に行くトノさま。
きちんと、自分でお弁当も作っていきます。 気味が悪いくらいおりこうさん・・・


で、昨日につながります。

彼女の決心とは? 行動って何をしてきたのか・・・?


続きは、明日。

[テーマ] : ヽ(゚∀゚)ノいえ-い☆--- [ジャンル] : 日記

城崎温泉旅行記~その18 実際の勉強会の中身は・・
ちょっと、旅行記から脱線してしまいました・・・ 失礼!

え~、勉強会でしたね。

勉強会ですが・・・   


中身は、赤ちゃんを連れて参加したご夫婦の馴れ初めについてでした。

いやー、テーマが決まっていなかったのと、
電車の中で、講師2人に会員3人という、贅沢な状態だったので、
車中にみっちりと、お勉強してましたから。

これ、ホンマに具体的で、個人の状態に沿ってのアドバイスもいただけました。
道筋というか、何から始めて、次はどうするといった、進め方を指導してもらいました。

なので、すでに頭は、パンク状態・・・
これ以上は、詰め込めません!

温泉地に来たという、開放感もあり、ご夫婦を質問攻めに。

ご主人のNさん(講師のNさんとは違います)は、驚くような経歴の持ち主。
ここでは詳しく書けませんが、今まで聞いたことがないような職業に就いておられたそうです。

結構、お若いのに苦労もなさったようで・・・
穏やかな風貌からは、微塵も感じさせませんけど。

奥さんも、可愛いステキな人です。 お似合いの爽やかカップルで、
赤ちゃんの「こころ」ちゃんも、パパっこのカワイ子ちゃんです♪

ずーっと、パパが育児してます。
奥さんが、外に出て仕事をし、彼は自宅で仕事なので、
保育園の送り迎えをはじめ、育児はパパが主担当なんですって。

コレにも、ビックリさせられました。
雑誌やTVの中では、そういう夫婦もいるって知ってますが、
実際に出会ったのは、初めて。

自分の、孤立無援の育児と比べて、なんて贅沢なことか。

冬場、お風呂に入れて、自分は身体も拭けず、
ぶるぶる震えたまま、子供を拭いて服を着させて、お布団に寝かせる。
あげくに、いつも風邪気味・・・という、母一人の育児はきつかった。

いや~、驚きの連続でした。

そんなこんなで、時間はあっという間に過ぎ、
夕食前に、内風呂に入ろうという事で、解散。

部屋に戻って、お風呂の支度。
フロントに、貸切風呂の鍵を借りようとしたら、あいにく3つともふさがっていました。

それで、外湯に出かけました。



外湯の紹介もこちらから⇒⇒⇒城崎温泉 但馬屋旅館 7つある外湯、いくつ回れるかな?

[テーマ] : 温泉♪--- [ジャンル] : 旅行

城崎温泉旅行記~その17 勉強会では・・
この合宿の本来のメインは、勉強会です。

テーマがイマイチ・・・ 決まってないって云うか、よく判りません。


ま、ことの始まりは、講師のNさんが、城崎観光協会に関わりがあって、
何度も行かれてることからです。

言いだしっぺは、わ・た・し。

東京方面の合宿があって、SNSの書き込みがあんまり楽しそうで。
関西でも、あれば楽しいだろうなって思ったんですよね。

なので、企画が持ち上がって、参加募集が始まったとき、
経済的不安はありましたが、即参加表明をしました。

2月から、いろいろとネットビジネスで頑張ってきた、自分へのごほうびです。

それに、私生活でも、つらい事がありすぎたここ1.2年。
気分を切り替えて、前を見ようという気持ちになりたいと、
やっと思えるようになってきたので。

コレまでは、亡くなってしまった両親に向かって、毎夜懇願してましたね。
「もう、疲れたから、早く迎えにきてよ・・・」

無責任な親です・・・ 二人も娘がいるのに。
でも、その娘にも、ほとほと手を焼いていますから・・・

ここんとこ、ようやく気持ちが、すこーしずつ上向いてきたのか。
そんな状態に慣れてきて、アキラメがついてきたって云うのか。

先に、楽しみを作って、それに向かって、
日々のつらい事や哀しい事にめげず、淡々と乗り越えていこう。

そう、何か楽しみがあれば、何でもガマンできるから。

例えば、日常を離れてどこかへ行く。好きな人と会ってお食事する。
飲みに行ってとことん話す。自然の中を散歩する。何でもいいんです。
私にとっては、大きなモチベーションになるんです。

城崎は、そんなひとつでした。

コレは、効果絶大でしたね。大きな楽しみになって、頑張りましたよ。


●また、桜の咲く頃行くのを、楽しみに♪⇒⇒⇒温泉旅館温泉旅館 但馬屋予約

  



[テーマ] : 温泉旅行--- [ジャンル] : 旅行

城崎温泉旅行記~その16 客室でしばし憩いのひととき・・・
お部屋に入って、一服。
お茶とお菓子をいただきました。

ホントに、静かで落ち着くお部屋です。
部屋の片隅には、空気清浄機がおとなしく作動しています。

でも、必要ないんじゃない?
アロマミストのいい香りがするし、床の間の杉(?)板からも、
自然の香りがしますよ?

しばし、ほ~っとして、今日の同室の彼女とお話しました。

東京人の彼女、ちょっとキツそうなきりっとしたお顔なのに、
話し方や動作は、ゆったりとして、とっても穏やかです。

どうも、根っからの関西人の私は、昔っから東京人のキツーイ言葉や
早口でまくし立てる口調が、苦手。

ちょっと、恐れていたのですが、全く杞憂に終わりましたね。

関西人の私のほうが、口調も動作も落ち着きがなく、せっかち・・・

ホンワカして可愛い、彼女のようになりたいものです。


しばらくして、この合宿のメイン、勉強会のお呼びがかかりました。

男性陣のお部屋に、集合。


彼らのお部屋は、男性5名なので、ちょい広めです。
このお部屋にも、趣向が凝らしてあります。
遅れて入ったので、あちこち見て回れませんでした・・・

12ある、但馬屋さんのお部屋は、ひとつひとつ趣が違うんですって。

「土壁、古木、竹、炭のオブジェ、など「癒し」をテーマとしたお部屋です。
フローリング部分は床暖房で、寒い季節でも暖かくお過ごしいただけます。」と、
HPには、書いてあります。

残念ながら、今回の旅では、床暖房のお部屋は見られませんでした。

寒い時期にカニを食べに行くのには、そんなお部屋に泊まりたいなぁ。




ステキなお部屋を見てみたくなったら?⇒⇒⇒城崎温泉 但馬屋旅館 ホント、癒されますよ~♪

[テーマ] : 温泉♪--- [ジャンル] : 旅行

城崎温泉旅行記~その15 部屋のインテリア
私たち、オンナ二人が案内されたお部屋には、ステキな名前が付いていました。

「風ごころ」 


かぜごころ


どのお部屋にも、「○○ごころ」とステキな名前が付けてあります。
とっても、イイ感じ♪

扉もステキでしょ?

竹と木材の調和。 和の心ですね。


このドアを開けて、部屋にイン。

これまた、素晴らしい部屋が広がっていました。

次の間

この画像は、さっきの扉を開けて、入った次の間の様子です。

心づくしの花が飾ってあり、アロマの香りがします。
右にある、日本では見慣れないアロマミストディフューザーから、ほんのりと香っています。

あ~、癒される・・・

洗面

洗面所もステキです。
写真では見えませんが、陶器でできた洗面ボールに、白い石が敷き詰めてあります。

メインの部屋に入って、また驚きました。 こんなの、初めて見た!

床の間

お部屋の床の間です。

素の板が使ってあり、アートになっていますね。
手前のオブジェも、炭のアートです。

但馬屋さんには、こだわりがあって、
深井和子氏、 西田直司氏、平野明氏、武田三郎氏の作品を
但馬屋内にたくさん、展示してあります。

書あり、炭のアートあり、版画あり。
館内には、『日本最後の清流』と云われる四万十川をテーマにした音の旅を表現したCD、
「川へ帰ろう 四万十川」が、控えめに流れています。

徹底して、あらゆる部分で、訪れるヒトを癒してくれるのです。
その姿勢に、感動しました♪


●心が疲れている人は癒されに行きましょう♪⇒⇒⇒温泉旅館温泉旅館城崎予約

  







[テーマ] : 温泉旅行--- [ジャンル] : 旅行

城崎温泉旅行記~その14 いよいよチェックイン!
ようやく、城崎の街のそぞろ歩きを終え、但馬屋さんにいよいよ、チェックイン。
玄関に入るとき、ふと、つくばいがあるのに気付きました。

但馬屋 つくばい

ステキですよね~♪ 心が和みます。
旅館の女将さんの心遣いですね。 さすが、行き届いてます。
こういうちょっとした気配りが、心豊かに寛げる雰囲気を醸し出すんですよね。

普段、生活に追われていて、花を飾る事をしなくなりました。
以前は、四季折々の花を、時には摘んできて、
時には、スーパーで買ってきて、家に飾る事を楽しんでいたのに・・・

いつの間にか、家事も手抜きになり、
季節の移り変わりにも、気付かずに過ごす事が多くなりました。

いやいや、これではいけない。
せっかく生きているのだから、四季のある日本に住んでいるのだから、
それを楽しまなくちゃ、もったいない。

そんなことを考えながら、玄関を入ると・・・
まあ、落ち着きのあるステキな空間が広がっています。

但馬屋 玄関サロン

フロントというより、昔ながらの帳場と呼んだ方がふさわしい感じ。
その前に、ちょっとした休憩できるスペースが設けてあります。

ココで、渋いお茶でも飲みたい気がします。
な~んか、落ち着くなぁ、ホッとする・・・


●城崎・但馬屋さんでホッとしたい方、こちらから♪⇒⇒⇒温泉旅館温泉旅館但馬屋予約

  








[テーマ] : 温泉旅行--- [ジャンル] : 旅行

城崎温泉旅行記~その13 薬師堂
つい、男気のある、西村佐兵衛翁に夢中になって、
肝心の薬師堂のご紹介を忘れてしまいました・・・

あらためて、その姿を・・・

薬師堂 本堂

ステキですよね~♪ 
山門をくぐって、本堂の姿が近づいてきたとき、静謐さと共に、
すごいパワーを感じました。神聖なる力をもらえますね。
心が落ち着いていく感じ・・・

同行しているSNSの講師、Uさんが般若心経をあげていました。
堂に入ってますね。 普段から唱えてないと、こうは行きません。

境内を散策して、街のそぞろ歩きは、お終いです。
現地集合の方も、但馬屋さんに到着して、
私たちが来るのを待ってはるとの事。


いよいよ、但馬屋さんに向かって、GO


●癒されるお宿⇒⇒⇒城崎温泉 但馬屋旅館

[テーマ] : 温泉♪--- [ジャンル] : 旅行

今日は涙の一日でした
お通夜から帰って来ました。 

長い間会っていなかった親戚に会えました。
こんなときしか、会えないですね。

いとこ達も、いいオジサン・オバサンになってました。
その子供たちも大きくなって、誰が誰だかわからない・・・


故人の娘さんが泣く姿を見て、私も涙が溢れました。

今日は、涙を流すのは2度目。


最初は、仕事中でした。

いつも、ご夫婦仲良く一緒に来られる方がおられます。
奥様は足が悪くて、ご主人がいつも付き添ってこられます。
いつ見ても、仲良さげでにこやかに睦まじく話されていました。


そんな奥様が、ここ2回ほどは、独りで来られてます。
いやな予感がして、気になってましたが、なんとなく聞けずで・・・


今日も、やっぱりお独りで来られていて、前よりもやつれてみえます。

仕事をしながら、それとなく見ていると、
通りかかった看護師と話しながら、泣き出されました。

それも、嗚咽が聞こえるほど・・・
聞いているのが、つらくなるほど悲痛な泣き声でした。


ああ、やっぱり・・・


その方は、涙が止まらなくなって、次第に声が大きくなってきます。

私は、たまらなくなって、その方をひとけのない椅子にお連れして。


背中をさすってあげていると、私も もらい泣きです・・・


「お父さんが、亡くなってね・・・」 泣きながらも、話しだされました。

急に具合が悪くなられて、あっという間だったそうです。


ご夫婦仲よく、どこへ行くにも一緒という、お二人だったそうです。

その方は、こうおっしゃってました。


「親が亡くなった時も、哀しかったけど、いつもそばにいた人がいなくなるのが
こんなにつらいとは思わなかった。 心と身体が押しつぶされそう・・・」

ホントにそうですよね。

そばにいるのが当たり前になっていた、大事な人が遠くに行っちゃったら、
身をもがれるように、全身に痛みを感じるのです。

心は、哀しすぎて、壊れてしまうのです。


「ただ、距離が離れただけなら、会おうと思えば会えるけど、
亡くなってしまった人には、どんなに会いたいと願っても もう会えないの・・」

哀しい言葉です。


最初は、亡くなったことが現実の事だと受け入れられなくて、
夢を見ているようだったって・・・
涙も出なくて、ただただ呆然としていたって・・・

それが過ぎると、涙が絶え間なく溢れて、尽きる事を知らず・・・
泣いている事さえ、気がつかないくらい・・・

「哀しい」って言葉では、とても言い表せない・・・


魂の慟哭でした。 聞いているのが、つらくなりました。


私も涙が止まらなくて、仕事に戻るのに、時間を要しました。



泣いて、泣いて、やっと現実を受け入れて、
「ああ、一人ぼっちなんだ・・・」って思って、また、泣いて・・・

淋しいあきらめが心を満たすまで、長い長い時間が必要でしょう。


いつの日か、彼女も、淋しくても微笑むことができますように。


11月は、毎年哀しい想いをしてるような気がします。

[テーマ] : 今日のつぶやき--- [ジャンル] : 日記

城崎温泉旅行記~その12  西村佐兵衛翁
広場の近くに、風情のある山門が見えています。
堂々たるたたずまいですね~。

薬師堂 山門

桜の葉っぱが、ほんのりと色づいてきて、秋を感じます。
あと少ししたら、燃えるような紅葉になるんだろうな・・・


立っているところの、左側、 ロープウェイの近くには、
銅像が建っています。
ナンだろうと、近づくと。

西村佐兵衛翁

台座に、「西村佐兵衛翁」と銘版があります。
あとで調べてみると、大正時代の町長さんで、立派な方だったそうです。

大正14年5月23日に、北但大震災がおき、城崎は、町内で死者272人を出す
大きな被害を受けたのです。
ずっと古くから温泉場として、その名を知られた城崎温泉(湯島地区)の
ほとんどの建物は、震災時に発生した火災で全焼しました。
もとから、城崎温泉の街は、山間を流れる大峪川に沿って、旅館や商店が軒を連ね、
平坦地は少なく、道幅も狭かったために、より一層被害が大きくなったそうです。

この銅像になっている西村佐兵衛翁は、「豪胆」と評判の、当時の町長さんでした。
西村佐兵衛翁は、復興に当たり、二度と大きな被害が出ないよう、
区画整理を行い、道幅を広げることに決めたそうです。

また、町役場・警察署・外湯の建物を、防火帯として機能させるため、
不燃素材の鉄筋コンクリート造(RC造)で建てることも決めたのです。
城崎小学校も、街の南端にRC造で建てられましたが、
これはRC造小学校としては、とても早い事例で、
当時、県内にも数校しか例がなかったということです。

西村佐兵衛翁は、城崎の将来を見据え、確固たる決意を持って、
数々の施策を、キッパリと実行されたんですね。
今の政治家サンたち、彼を見習って欲しいものです!
これぞ、今の日本が求めている総理像ではないでしょうか。
麻生さん、しっかり気張ってや~!



西村佐兵衛翁がこよなく愛した城崎に行こう!⇒⇒⇒城崎温泉 但馬屋旅館

[テーマ] : 温泉旅行--- [ジャンル] : 旅行

城崎温泉旅行記~その11 なつかしの郵便ポスト
町外れの突き当たりに、つきみばしという橋があり、
そのたもとに、今は見ることもなくなった郵便ポストが、立っていました。

つきみ橋とポスト


ホントに、城崎は 古きよき昭和の香りがしますね。
子供の頃、ポストって言えば、コレでした。
今の子供たちは、こんなの 知らないみたい・・・


ポストの隣には、 親切な案内が出ています。
ほら・・・

案内板

街の人たちの心遣いですね。 こんなのが、随所に見られました。
街を挙げて、訪れる人を楽しませようとしてくれているのが、
よ~く解かります。 だから、居心地よく癒されるんでしょうね。

川沿いに少し歩くと、足湯があって、茶店のようなところがありました。
城崎ジェラートや 和風のデザートがいただけるようでした。

思わず、食べたくなったのですが、
もう夕方です。 せっかくのお料理が、楽しめないといけないので、
ココはガマン、ガマン!


そして、ここには、城崎温泉の元湯が湧き出しているのです。
こんな感じ。

城崎元湯

温泉玉子が作れるくらいの温度があるので、湯気が上がっています。
滾滾と湧き出ていて、とても熱そうでした。
さっきの茶店で、自分で作る温泉玉子って出てましたが、
この源泉で作るんでしょうね。
ちょっと、楽しそう♪



城崎で癒されたい人、いませんか?⇒⇒⇒城崎温泉 但馬屋旅館イイですよ♪





[テーマ] : 温泉♪--- [ジャンル] : 旅行

城崎温泉旅行記~その10 やっと今夜の宿に・・
あちこち散策し始めて、もう2時間を過ぎています。

城崎の良さを、い~っぱい味わいました。

ふと、見ると・・・


おお、今夜のお宿♪ 温泉旅館温泉旅館「但馬屋」さんが、あるではないですか!
やっと、到着したよ。
夫婦・カップルに大人気、貸切露天風呂のある旅館。

但馬屋

但馬屋の門柱



えっ?! 通り過ぎるの・・?

但馬屋さんを横目にみて、通りを進みます。
まだ、見るところがあるのね。
案外、小さい街って言っても、城崎は見るところがいっぱいだね。

通りの突き当りには、山が見えます。

大師山

大師山。
ロープウェイがあり、頂上までいけます。
中腹には、温泉寺と城崎美術館があります。

今回は、中途半端な時間になってしまったので、パス。
次回のお楽しみに、取っておきましょう。


●城崎はいろんな顔があって、どれも楽しめます♪⇒⇒⇒温泉旅館温泉旅館城崎予約

  

[テーマ] : 温泉♪--- [ジャンル] : 旅行

城崎温泉旅行記~その9 木屋町小路
城崎の新名所、木屋町小路にも寄ってみました。

ココは、今年7月26日(土)にオープンしたばかりで、
個性溢れる10店舗が軒を連ねています。

何店舗か、ご紹介しましょう。

まずは・・・

生萬

美味しいプリンとコーヒーのお店「Kiman 生満」です。
安全食材を使用した、オリジナルの城崎温泉たまごプリンを味わえます。

実際に、食べてみましたが、
すっごく濃厚なお味で、とても美味しかったです。
玉子の味が濃いのに、生臭くはありません。
供される形が四角いので、お豆腐のように見えました。

もう1軒・・・

ビネガー屋さん

ちょっと暗い感じですが、外が明るくて・・・
とてもしゃれたお店です。

飲む酢のお店「Kinosaki Vinegar」さんです。
ココもすごく、個性的で、飲む酢が揃ってます。

私は、元から酢が好きなので、試飲させてもらいました。
3倍希釈で、5種類あります。

黒酢&完熟パイン
レモン&りんご
マンゴー&トマト
苺&海コラーゲン
トマト&オレンジ

どうですか? どれも、興味をそそりますね♪

個人的には、黒酢&完熟パインがイチオシですね。
お次は、トマト&オレンジです。

どれも、3倍に薄めても濃いぐらいの味でした。
もっと、薄くしてもいいような。

お酢の好きな人へのお土産には、もってこいですね


[テーマ] : 温泉旅行--- [ジャンル] : 旅行

城崎温泉旅行記~その8 すてきなオブジェ
城崎には、ふとした場所にも、癒しのオブジェがあります。
オブジェって言ったら、叱られるかな?

道祖神

さすが、夫婦やカップルの聖地です。
仲円満の道祖神・・・ 独り身の私には、ちょっとイタイ
胸が痛みます・・・

橋のたもとには、こんな風情あるものが。

灯篭

「木屋町通り」って、名前がついてますね。
どうりで、なんか見慣れた風景だと思った。
京都の木屋町に似てる・・・

こんなのも、ありました。

城崎温泉節

聞いたこと、ないなあ。 どんな歌なんでしょね。


●癒しのオブジェを自分の目で見てね♪⇒⇒⇒温泉旅館温泉旅館城崎予約

  

[テーマ] : 温泉♪--- [ジャンル] : 旅行

プロフィール

roko55193

Author:roko55193
「今日のピカイチ日記」へようこそ、おいでくださいました!
21歳になったばかりの娘は、なんとか自力で 躁うつ病をコントロールして、
仕事もしています。
下の娘:トノは、いまだ 思春期・反抗期全開! そして、自分勝手の極み・・・ 
でも、時折、心優しい娘の顔も覗かせてくれたりして・・・。
私は、正職員になって丸2年を迎え、だんだん身体が辛く感じだし・・。><; 
シングルマザー・・・ ちょっと淋しくなってきました。ですが、独りのペースが出来上ってるので、脱シングルは難しいかと。
過大なストレスと更年期のお年頃は相変わらず。 時折、うつ?と思う状態になり・・・ 生きて行くのがつらい時もあり。

そんな中でも、思春期でやりたい放題の娘との関わりを改善・・・ できていません。--; でも、時が解決してくれるような気がします。心を通わせる会話の実践も、少し棚上げ。 
私と同じような、思春期の子供の悩みを持つ方々と交流できれば嬉しいです♪ 
コメントは お気軽に♪

テーマ一覧
いいもの おススメ
育毛ミスト ゆこゆこネット






★お友達サイト★
「ただいま」/花地蔵さん
*天使の思春期** Diary/アンリさん
*一陽来復*/やんさん
不登校中学生/ヒロユイさん

openend/夢さん
最近の記事
最近のコメント
★ただいま実践中!★
【参考サイト】
思春期・反抗期・不登校・非行中学生と どう向き合う?
 心を通わせる会話の実践
ブログ内検索
リンク
RSSフィード
月別アーカイブ
FC2ブックマーク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。