*All archives* |  *Admin*

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
先日、サントリー山崎蒸留所に行って来ました。
大阪に大雪が降った次の日、サントリー山崎蒸留所
友人と行って来ました

ここは、阪急「大山崎駅」・JR[山崎駅」から徒歩約10分のところにあります。
山崎といえば、本能寺の変で織田信長を討った明智光秀軍と、
備中高松城の攻城戦から引き返してきた羽柴秀吉軍が、大激戦地ですよね。
この戦いは、天王山の戦いとして有名です。

「京都の南西に位置し、天王山の雅やかな竹林が生い茂るこの土地は、豊かな自然に恵まれています。桂川・木津川・宇治川が合流し、3つの川の水温の違いから絶えず霧が発生し、平野と盆地に挟まれた独特の地形と湿潤な気候により、ウィスキー作りの理想郷ともいえる最適な風土を形成しています」とガイドブックに載っていました。

この山崎は、万葉の歌にも詠まれたくらいの「離宮の水」と呼ばれる名水が湧き出します。
今でも、清らかな水がたっぷりと湧き出して、
サントリーの美味しいウィスキーに仕込まれていきます。

エントランスから入ると、とても広々とした敷地に、
いくつもの棟が建っています。
清々しく清掃されていて、入り口から様々な樹が植えられ、
きれいに手入れされた散歩道があり、
ガーデンベンチを配した芝生スペースもあり、まるでカフェのよう・・・

蒸留所見学は、まず入場受付から、始まります。

ウィスキー蒸留所ガイドツアーは、無料で誰でもOK
混んでいなければ、申し込んで次の回で、見学できます。
所要時間は、約1時間で、製造工程の見学と
旨いウィスキーの試飲が楽しめます
朝10時から午後3時まで、一時間ごとの出発です。
2名から、可愛いガイドさんが詳しく説明しながら、
案内してくださいます。

私達が行った日は、3組の団体さんがいて、オジサンだらけの
ちょっと不思議な雰囲気でした。
「よ~し!飲むゾォ~♪」みたいな感じ・・・
でも、私達一般見学者とは別に先行して出発し、
後からの組で、いざ見学へGO!

まずは、

製麦・・・・・原料となる二条大麦を発芽・乾燥させて
        麦芽にします。

仕込み・・麦芽を細かく砕き、温水と一緒に仕込槽へ入れます。 
        でんぷんが糖分に変わり、ゆっくりと時間を掛けて
        ろ過してすんだ麦汁に。
        この麦汁の味の決め手が、水なんです
        そのため、創業者の鳥井信治郎さんは、
        ここ山崎にこだわって、蒸留所を建設したそうです。

発酵・・・・・麦汁を発酵槽に移し、酵母を加えます。
        数千種類の中から、イメージする香りに最適な酵母を
        選んでいるそうです。
        この発酵槽にはステンレス製のほか、
        木桶槽も使っていました。
        木桶槽は保温性が良くて、自然の乳酸菌などの
        働きもあって、ウィスキーに豊かな味わいを
        もたらしてくれています。

蒸留・・・・・ポットスチルと呼ぶ不思議な形をした単式蒸留釜を
        使って、2回蒸留します。
        サントリーでは、炎を直接当てる直火蒸留と
        蒸気を使った間接蒸留の、2方式を採用。
        1回目で、直火蒸留による力強い香りのもの、
        それと別に、間接蒸留による穏やかな香りのものを
        取り出し、2回目でバランスの良い部分だけを
        取り出すそうです。

貯蔵・・・・・いろんな種類の樽に詰められて、
        ウィスキーは永い眠りにつきます・・・
        このとき、どんな種類の樽に詰めるかによって、
        熟成した後、味わいが違ってくるんだそうです。 
        サントリーではオーク材を使用。
        生まれたばかりのニューポット(蒸留したばかりのもの)
        は、無色透明。
        それが、オーク樽の中で眠っているうちに琥珀色に
        変わり、豊潤な味わいのモルト原酒へと
        育まれていくんですね

そして、ブレンドです。
これまでの工程も、すべてにおいて、熟練の職人技が光りますが、
このブレンドは、製品の特徴に精通し、あらゆる条件を
的確に判断できる豊富な経験を必要とします。
いわば、オーケストラの指揮者のようなものですね。豊かな味わいと香りのハーモニーを持つウィスキーを届けてくれます。

という事で、工場見学はおしまい。
いよいよお楽しみの、試飲コーナーへ♪

[テーマ] : 日々のつれづれ--- [ジャンル] : 日記

Secret
(非公開コメント受付中)

プロフィール

roko55193

Author:roko55193
「今日のピカイチ日記」へようこそ、おいでくださいました!
21歳になったばかりの娘は、なんとか自力で 躁うつ病をコントロールして、
仕事もしています。
下の娘:トノは、いまだ 思春期・反抗期全開! そして、自分勝手の極み・・・ 
でも、時折、心優しい娘の顔も覗かせてくれたりして・・・。
私は、正職員になって丸2年を迎え、だんだん身体が辛く感じだし・・。><; 
シングルマザー・・・ ちょっと淋しくなってきました。ですが、独りのペースが出来上ってるので、脱シングルは難しいかと。
過大なストレスと更年期のお年頃は相変わらず。 時折、うつ?と思う状態になり・・・ 生きて行くのがつらい時もあり。

そんな中でも、思春期でやりたい放題の娘との関わりを改善・・・ できていません。--; でも、時が解決してくれるような気がします。心を通わせる会話の実践も、少し棚上げ。 
私と同じような、思春期の子供の悩みを持つ方々と交流できれば嬉しいです♪ 
コメントは お気軽に♪

テーマ一覧
★トップページへ
いいもの おススメ
育毛ミスト ゆこゆこネット






★お友達サイト★
「ただいま」/花地蔵さん
*天使の思春期** Diary/アンリさん
*一陽来復*/やんさん
不登校中学生/ヒロユイさん

openend/夢さん
最近の記事
最近のコメント
★ただいま実践中!★
【参考サイト】
思春期・反抗期・不登校・非行中学生と どう向き合う?
 心を通わせる会話の実践
ブログ内検索
リンク
RSSフィード
月別アーカイブ
FC2ブックマーク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。