*All archives* |  *Admin*

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
家出もどきの顛末・・・ 

「他人や自分を傷つけることは絶対にしない」
その最低ラインを、信じるのだと。

多少の悪いこと、喫煙飲酒、もっといけない万引きなんかも、
もしかしたらするかもしれない。
だけど、時が経てば、きっと悪いことだと気づいて止めるし、
親が謝罪したり賠償することで、償いはできる。
もちろんいけないことだけど・・・

それくらいは起きるかもしれないと、覚悟しておけと。
そんなことをしても、自分の娘だと認めてやれと・・・

また、メールで今回のことを話した人からも、
同じようなことを言われました。

「絶対に、生きて帰ってくる」と信じることだ・・・



「子供のしでかした不始末は、親が謝る事や、何がしかの弁済で済むものなら、
大したことはありません。」ともいわれました。

そうですよね。子供の不始末は、親の責任ですよね。

私は、人に謝ることが苦手で、
謝ることを避けるために 、謝らねばならないようなことはしない。
そう考えて、今までそのようにして来ました。
だから、先生に子供のよくない点を指摘されたり、
しでかしたことを報告されたとき、
親として謝ることに、子供への怒りを感じていました。

そして、次から次へと、悪いことばっかり思いついて、
先回りして、「こんなことはするなよ」って云ってしまいます。

「その言葉が、子供の不信感を煽っていると言うことはないですか?」
とも、その方に言われました。

きっと、娘は私のことを信用していないんでしょうね。
子供のことを、親が信じてないんですから、
子供も親を信じなくても、当然です・・・・

これだけ、二人の人から言われて、ようやく自分の間違いに気付きました。
やっぱり、こうなった原因は私の子供に対する対応に問題があったんです。
親としての修行が足りなかった・・・

子供が物心つく前から、一人で育てることを決意し、
仕事を探し、しんどい思いもし、
社員さんのいびりが強くて、辞めたくなっても、
生活を支えるため、辞めるわけにはいかないと歯を食いしばり・・・
そうしてるうちに、父親のような意識が強くなって、
私が頑張らねば・・・と、肩肘を張って、
母としての優しさやおおらかさを、どこかに落としてきました。

そのくせ、片親だから・母子家庭の子だからと、
後ろ指をさされないようにきっちりと育てなければと、半ば脅迫観念をもって、
妙に細かいことにまで、うるさく指示しその通りやらせ、厳しく育ててきました。

でも、それが、そういう教育が・・・ いえ、やり方が間違っていたのかもしれません。
自分の頭で考え、やってみて失敗し、工夫してまたやってみる。
それができた時、思いっきり褒めて、努力を認めてやる。
そんな基本的なことを、おろそかにしていたかもしれません。

仕事から帰って、保育園に迎えに行き、買い物して帰り、
あわてて夕飯の支度、食べさせてお風呂に入れ、寝かせ・・・
それから、片づけ・洗濯・保育園のノートを書き、持っていくものの準備をし、
その後、資格を取るための勉強をして・・・

子供の寝顔を眺めることも、たまにしかしなかったかもしれない。
いつも時間に追われるので、時間短縮のため、子供が最後までやりとおすのを待てず、
もたついていたら、取り上げて自分でやってしまう。
それに対して、なんでできないのかと苛立ちを感じ、口に出してしまう・・・
子供が手伝ってくれようとしても、自分でやるほうが早いから、
しなくていいと突っぱね、哀しい思いをさせてきたのかも・・・

少し大きくなってきたら、子供にも分担を決めて、
それだけは自分で管理してやるようにしたのですが。
たとえば、洗面所を担当と決めたら、いつも汚れてないか気をつける。
玄関ならば、みんなの靴を揃えるとか、汚れていたら掃除をするとか。
責任を持って、管理をしてもらうように決めたんです。

当然、汚れていたり整理できてなかったら、叱ります。
自分の担当なのに、どうしてきれいにしないのか。
そのくせ、一番チェックしていて、子供が気づいて自分でやる前に、
「ほら、してないよ」と指摘してしまう。

そういうことが、しつけだと思って、それを厳しく実行してきました。
でも、そうじゃなかったんですね。
そんなやり方では、子供の自主性なんて育つわけない・・・
子供が早く自立できることを望んで、自分のことは自分でできるようになって欲しくて、
それを急いでやれるようになって欲しかったんです。
裏を返せば、自分の時間を持ちたかったんだと思います。
子供のことと働くことだけで、ほぼ一日が過ぎてしまう。
ホッとできるのは、深夜寝る前だけ・・・
毎日毎日、生活に追われ、体は回復しても心のゆとりを持てなくて、
いつも駆け足をしてるような、何かに追いかけられてるような焦りを感じてました。
そう、昔からずっとです。

いつもイライラして、子供にあたってきたような気がします。
取り返しのつかないことをしてきました・・・・

先回りして、子供を守るつもりで「あんなこと、こんなことにならないようにこうしなさい」と
うるさい指示をするのは止めて、子供を信頼して黙って見守るんですね。
たとえ失敗しても、「そう、失敗しちゃったね」と受け止め、気持ちをわかってやる。
そして、また自分からやってみるのを待つ。


「やってみせ、言ってきかせて、させてみて、誉めてやらねば人は動かじ」
山本五十六氏の、有名な言葉です。

教育に当てはめて、
「やって見せ、言って聞かせて、させてみて、 ほめてやらねば、人は育たず」
というのもあるそうです。
まさに、その通り・・・
私は、これができてないんですね。
長年やってきたことを修正するのは、かなり難しいことですが、
やらねばなりません。

「褒めて、認める」
これを忘れないように、しっかり胸に持って・・・
忘れっぽい私ですが、肝に銘じましょう。


あ、娘ですが。
弟の嫁に叱られ諭され、その嫁を泣かせてきた姪に子供の気持ちを教えられ、
弟に慰められて、泣いてるときに・・・・ 

帰ってきました。

「イヤやけど、ここしか帰るとこないし」
親の心配をよそに、鼻歌交じりの超・ゴキゲンで・・・・


[テーマ] : ダメ人間日記--- [ジャンル] : 日記

[tag] : 喫煙 飲酒 償い 不信感 母子家庭 生活を支える しつけ 自立 心のゆとり

Secret
(非公開コメント受付中)

プロフィール

roko55193

Author:roko55193
「今日のピカイチ日記」へようこそ、おいでくださいました!
21歳になったばかりの娘は、なんとか自力で 躁うつ病をコントロールして、
仕事もしています。
下の娘:トノは、いまだ 思春期・反抗期全開! そして、自分勝手の極み・・・ 
でも、時折、心優しい娘の顔も覗かせてくれたりして・・・。
私は、正職員になって丸2年を迎え、だんだん身体が辛く感じだし・・。><; 
シングルマザー・・・ ちょっと淋しくなってきました。ですが、独りのペースが出来上ってるので、脱シングルは難しいかと。
過大なストレスと更年期のお年頃は相変わらず。 時折、うつ?と思う状態になり・・・ 生きて行くのがつらい時もあり。

そんな中でも、思春期でやりたい放題の娘との関わりを改善・・・ できていません。--; でも、時が解決してくれるような気がします。心を通わせる会話の実践も、少し棚上げ。 
私と同じような、思春期の子供の悩みを持つ方々と交流できれば嬉しいです♪ 
コメントは お気軽に♪

テーマ一覧
★トップページへ
いいもの おススメ
育毛ミスト ゆこゆこネット






★お友達サイト★
「ただいま」/花地蔵さん
*天使の思春期** Diary/アンリさん
*一陽来復*/やんさん
不登校中学生/ヒロユイさん

openend/夢さん
最近の記事
最近のコメント
★ただいま実践中!★
【参考サイト】
思春期・反抗期・不登校・非行中学生と どう向き合う?
 心を通わせる会話の実践
ブログ内検索
リンク
RSSフィード
月別アーカイブ
FC2ブックマーク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。