*All archives* |  *Admin*

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
悲惨な日々・・・
火曜にいったん帰宅しましたが、水曜・木曜、帰ってきません。

謝るでもなく、顔を向けることさえしません。
何を考えてるんだか・・・

火曜は、取りあえず学校には行ったようで、私が帰宅すると、
学校からのプリントが置いてありました。

翌日、ちゃんと学校へ行くのか、夜には帰ってくるのか・・・
もろもろのたくさんの不安を抱えて、私は出勤。

火曜日に、相棒のとーちゃんは、ストーマ(人工肛門)をつけたままですが、
ひと回り、いやふた回りほどスマートになって、元気そうに退院されました。
一時は、命さえ危ぶまれたような状態だったのに、
素晴らしい体力・気力ですね。 見習わなきゃいけません。

とーちゃんの気力の元は、半身不随のおかーちゃんへの思いでしょう。
「自分がいなきゃ、おかーちゃんが困る」 自分の存在が大切だって思い。
いいですね・・・ うちは、私がいなくても、娘たちはちっとも困らないんでしょう。
自分の存在価値が見出せない私には、居場所がありません・・・



ともあれ、相棒は勤務数時間で早退。とーちゃんを連れて帰り、
水・木休みでした。

私の水曜日は、不安はいっぱいでしたが、無帰宅3回目を終えて帰宅したから、
賢いトノは、もうこんなことしてても仕方ないって解かったと思ったのです。
だから、一抹の不安はありましたが、きっと帰宅する、もう無帰宅はしないって、
根拠もなく思いこんでました・・・ っていうか、思いこみたかったのです。

もう、不安のどん底をはいずりまわるような思いはたくさん・・・
もう、やめてくれるはず。 そう、思いたかったんです。

でも、あっさりと親の思いは無視されました。

水曜の深夜、私、かなり精神状態が異常でした。 
正常な神経の糸が、キレてしまいました。
自分でも、気が狂ったのかと思うほど、つづけさまに数十本、メールを打ち続けました。
しまいには、言いたいこともなくなって、同じ文字を繰り返し・・・

「帰ってきなさい、帰ってきなさい、帰ってきなさい、帰ってきなさい、
 帰ってきなさい、帰ってきなさい、帰ってきなさい、帰ってきなさい、
 帰ってきなさい、帰ってきなさい、帰ってきなさい、帰ってきなさい、
 帰ってきなさい、帰ってきなさい、帰ってきなさい、帰ってきなさい、
 帰ってきなさい、帰ってきなさい、帰ってきなさい、帰ってきなさい、
 帰ってきなさい、帰ってきなさい、帰ってきなさい、帰ってきなさい・・・・」

トノも、ビックリしたんでしょう。
こんな気違いじみてるメールが、ひっきりなしに届くんだから。

ちゃんとしたメールには、勝手な言い分を並べてたのに、このメールに、
「もう、分かったから許して。ごめんなさい、こめんなさい・・・」って。

そんなこんなで、疲れ果てていつしか眠ってしまったようです。
でも、木曜の朝も帰ってきてない・・・
姉へのメールでは、水曜の時点で帰るって言ってたのに。

猛烈に心配になって、電話を掛けまくりました。何度も、何度も・・・
出る気配もありません。
通勤の電車に乗ったので、電話はもう掛けられません。

もしや・・・ 誰かに監禁されてるとか???
そう思いつくと、いてもたってもいられず、車両を移動してメールを送りました。
返信は、意外にすぐに届き、
「ごめん、寝てた。監禁とかじゃない、自分の意思」だそうです。

もう、私は疲れ果てました。
何をしても、私のやることはムダなようです。 親の思いなんて、これっぽっちの重さもない・・・

とたんに、どーーーんと落ち込んでしまいました。 一気に、鬱・・・・
仕事中も、体が動かない。
ほぼ惰性で、普通の仕事はこなせますが、電話の問い合わせに答えるのが、かなりきつい。
頭も体も、口さえ回らず、しどろもどろ・・・
声も出ていないんでしょう、何度も聞きなおされました。

やっとの思いで、仕事が終わりかけた時、ミスが発覚。
他部署にまで、迷惑をかけていたようです。
それをお詫びに回って、トイレにこもってひとしきり、涙を流してから、職場を出ました。

木曜日は、私の癒しの時間、ヨガの日ですが、
この日は、体の自由がきかなくて、平衡感覚もものすごく悪く、
フラフラ状態のため、ケガをしたらみんなに迷惑がかかると思い、不参加。

昼過ぎ、なんとなくぼんやりしていたら、ふと、思い出したのは、
いつも元気を分けてもらう友人。
たまらなく会いたくなり、連絡して会うことにしてました。
それまで、一人ぼんやりと、マクドナルドで縮こまってやり過ごし・・・

友人は、児童館で仕事をしているので、何か助けてもらおうと、
無意識に求めたのかもしれません。
彼女は、男の子2人の親なので、子どもが帰ってこないなんてしょっちゅうあるっていいます。
幾日も顔を合わすことなく、帰ってきたら「お元気でしたか~」なんて。
ホントに、明るいんです。

いろいろと話して、私の想いや本音も聞いてもらい、
鋭い突っ込みを受け、気付いたこともあります。

私の言葉や態度は、自分の考えの押し付けだった・・・
子どもへの思いから出たことであっても、それは親のエゴなんだって言われました。
私は、幼い頃から親の手伝いで家事の大部分を負担し、妹弟の面倒をみ、
あらゆる事に対して、「いい子」を通してきて、羽目をはずすってことがなかった。
行動も考え方も、すべてが「優等生」
非難されたり、責められることが怖くて、そうならないように「いい子」を通してきました。
学生と言うのはこうあらねばならない、親と言うのはこうあらねばならないって、
自分自身をがんじがらめにして、その考えから外れるのは、自分も人も許せない。
そんな片寄った考え方に、凝り固まっていたことに気がつきました。

娘たちが「お母さんとは違う」っていつも言うのは、
こういう考えから出た「いい子」しか許さない、私の考えに反抗してるんでしょうね。

いろんなことを話して、「ほら、ここもいい子ちゃん思考やで」って、
ことごとく指摘されました。

たとえば、すごく疲れてる時、帰宅が遅くなった時、
最近では、半額になってるお惣菜なんかを買って帰り、夕飯にしたりします。
でも、私にとっては、これが後ろめたく思えるんです。
親として、手抜きのように思って、役目をサボってるように思うんです。
友人は「えーやないの、それくらい。半額やったんやし、誰にも迷惑かけてへんやんか」って。

最近は疲れてるし、精神的に病んでいるのでやる気が全くない、掃除。
あちこち、散らかって汚れてるのを観ると、それだけで自己嫌悪・・・
私はダメな親だ・・・って思えてきます。
自分がだらしないから、子どももダメなんだって。

でも、何もかも頑張れなくなってきました。
あ、この「頑張る」っていうのも、友人に言わせると「我を張る=頑張る」なんやでって。
「これ以上、頑張らんでええんや。必要以上に頑張りすぎてんねんから」
「もっと、自分のしたいことして、楽しいことばっかりしてたらええねん」

で、考えてみたんですが・・・
自分のしたいこと、楽しいことがない・・・? どれもこれも、時間つぶしにはなりますが、
本当にしたくてたまらないこと、楽しくてしょうがないことはない・・・

彼女は、土曜日クラブに通ってる時の私を知っていて、
「あの時はキレイだったし、生き生きしてたし、子どももほったらかしの時間があったやろ?」
「あれくらい、自分の時間やしたいことを楽しんで、
  親がニコニコ・生き生きしてるほうがいいねん」
「子どもも、親が元気で楽しそうにしてるほうが、嬉しいねんで」って、言います。

私は、あの当時・・・ そう、思いっきりエンジョイしてました。
週末をホントに楽しみにしていて、そのためならウイークディに少々きつくても、
週末出られるように段取りし、夕飯を作って置き、家事もこなしていました。
出掛けてる時もたいていの時間は、楽しくて子どもの事を思い出すことは少なく、
でも、トイレに行ったときとか時間を見つけては、家に電話したり、
少しの罪悪感は持ってましたが、心から楽しんで幸せを感じてたんです。
自分ひとりが、こんなに幸せでいいんだろうか。
子どもたちは、親がいなくてどうしてるんだろう、さみしい思いをしてないだろうか・・
と思いつつ、思いっきり楽しんでたんです。
心はのびやかで、心地の良い時間を過ごし、癒され、充電して帰ってくる。
だから、ウィークデイは思いっきり、頑張れたんです。

でも、そんな時期は、子どもたちは悪くなりませんでした。
親がいない時間も、必要なんでしょうか。
子ども二人で、好きなTV番組を見たり、ビデオをみたり、お菓子を作ったり。
私がいたら、煩く言われることも、自由にできていて、
それなりに楽しかったらしいんです。

・・・やはり、私が悪いんだ。 思いを押しつけてるんだ。
あの頃のように、目線を子どもオンリーから、自分自身にシフトすることが、
今の状態を打開することにつながるかもしれません・・・

今日は、こんな時間に日記を書いていることからも判るように、
仕事は休みました。
昨夜、友人とろれつが回らなくなるほど、飲んで、千鳥足の酔っ払い状態、
おまけに、たった一つしか見えない星を見上げて、フラフラ歩いて帰宅。
何度か、溝に落ちそうになりながらも、無事、帰宅。
それでも、眠れないので、睡眠薬を飲もうかと思いましたが、
酒と睡眠薬は危険なので、やっちゃいけないと思いだし、危うく止め。

眠れるセラピー音楽を、イヤホンで聞きながらようやく、眠りました。
明日は、友人が通ってるエステで、不思議ちゃんの施術を受けます。
この方は、人のつらさを自分の身に吸い取ってしまうという、不思議な能力があるんだって。
エステティシャンなんですけど、不思議と気持ちまで楽になっちゃうって彼女は言います。
今回は、無料体験で。 エステだけにちょっと、通うには、高くて続かないかも・・・

でも、ちょっと楽になりに行ってきます。



・・・・ いま、トノが帰ってきました。 見たことない、服装をして・・・・
でも、また知らぬ間に出て行ってしまいました・・・


[テーマ] : 心のつぶやき--- [ジャンル] : 心と身体

[tag] : 存在価値 精神状態 メール 親のエゴ 羽目をはずす 自己嫌悪 セラピー音楽 エステ

Secret
(非公開コメント受付中)

プロフィール

roko55193

Author:roko55193
「今日のピカイチ日記」へようこそ、おいでくださいました!
21歳になったばかりの娘は、なんとか自力で 躁うつ病をコントロールして、
仕事もしています。
下の娘:トノは、いまだ 思春期・反抗期全開! そして、自分勝手の極み・・・ 
でも、時折、心優しい娘の顔も覗かせてくれたりして・・・。
私は、正職員になって丸2年を迎え、だんだん身体が辛く感じだし・・。><; 
シングルマザー・・・ ちょっと淋しくなってきました。ですが、独りのペースが出来上ってるので、脱シングルは難しいかと。
過大なストレスと更年期のお年頃は相変わらず。 時折、うつ?と思う状態になり・・・ 生きて行くのがつらい時もあり。

そんな中でも、思春期でやりたい放題の娘との関わりを改善・・・ できていません。--; でも、時が解決してくれるような気がします。心を通わせる会話の実践も、少し棚上げ。 
私と同じような、思春期の子供の悩みを持つ方々と交流できれば嬉しいです♪ 
コメントは お気軽に♪

テーマ一覧
★トップページへ
いいもの おススメ
育毛ミスト ゆこゆこネット






★お友達サイト★
「ただいま」/花地蔵さん
*天使の思春期** Diary/アンリさん
*一陽来復*/やんさん
不登校中学生/ヒロユイさん

openend/夢さん
最近の記事
最近のコメント
★ただいま実践中!★
【参考サイト】
思春期・反抗期・不登校・非行中学生と どう向き合う?
 心を通わせる会話の実践
ブログ内検索
リンク
RSSフィード
月別アーカイブ
FC2ブックマーク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。